ぽちPAY セキュリティコード認証
ぽちPAYセキュリティについて導入ガイド

セキュリティコード認証

対応決済クレジットカード

セキュリティコード認証
  • 決済時にセキュリティコード認証を追加
  • 不正利用リスク(悪用)を軽減
  • 本人認証による購入機会損失リスクが少ない

機能紹介

セキュリティコード認証とは、お客さまの決済時にクレジットカード番号のほか、クレジットカードの裏に記載されている3桁~4桁の数字(セキュリティコード)を入力いただくことで本人認証を行う機能です。
クレジットカード本体が手元にないとわかりえない数字のため、オンラインでのクレジットカード決済時の不正利用対策を高めることができます。
オンラインショッピングの普及により、セキュリティコード認証は身近なものとなってきています。クレジットカードが手元にあればすぐにわかる数字(コード)なので、決済の途中離脱も抑えられます。
※セキュリティコード認証はクレジットカード会社により表示箇所や名称が異なります。

このような方におすすめ

  • 高リスク商材を取り扱っている方
  • 不正利用リスクを軽減されたい方
  • セキュリティは強化したいが、購入途中での離脱は防ぎたい方

セキュリティコード記載箇所イメージ

VISA、Mastercard、JCB
クレジットカード裏面に3桁の数字記載があります。

VISA、Mastercard、JCB

AMEX
クレジットカード表面に4桁の数字記載があります。

AMEX

Diners
クレジットカード裏面に3桁の数字記載があります。

Diners

※画像はイメージとなります。発行元クレジットカード会社により、掲載箇所に変更が生じる場合があります。

ここに注意!

もし不正利用が発生し、お客さまがお支払い拒否をされた場合はチャージバック(売上取消)となりますのでご注意ください。
特に、高リスク商材をお取扱いのお客さまはセキュリティコード認証または3Dセキュア認証のいずれかの機能が必須となります。

お申込みは

WEBのみで
サクッと完結

システム開発不要
気軽にスタートできます
新規相談窓口
(平日営業時間内)
03-3498-5010
ぽちPAY資料ダウンロード